So-net無料ブログ作成
検索選択






笑顔の法則 [2003ドラマ]


笑顔の法則 [DVD]

笑顔の法則 [DVD]




感想…知る人ぞ知る
ショムニ」に陣内と竹内さんと阿部ちゃんがいる!!というはなし。

ではない!!!
が、そうと思わせる展開なんだもの…西島さんの存在意義ってなによ?ってドラマです。
どんな端役でもきちんと演じるのが彼の得意技ですが、台本がここまで凄いと、存在すら許されないような、なんつか意味ないバイクの兄ちゃんでした。

あらすじ
あっさり会社に首を切られた倉沢祐実(竹内結子)はひょんな事で、桜井礼次郎 (阿部 寛)という売れっ子漫画家のお世話係となり温泉宿・柚原に。そこでは、祐実の桜井幸一 (陣内孝則)が板前として勤めていた。女将は 柚原美沙子(野際陽子)。厳しいが芯のある女性で、その芯に反抗している息子の柚原和也(西島秀俊)は口もきかず、地域のFMラジオ局に勤めている。
桜井に漫画を描かせるため、そして旅館柚原の騒動に巻き込まれながら、祐実は着実に成長していき、桜井の連載も好調に進む。
その中、柚原の資金繰りに危機が起こる。


で、最後はどう考えてもこの漫画家と祐実がくっついてハッピーエンドってかんじなんだけど
違うんだよなあ〜
なぜに和也が仲居とくっつくのかがわからんかった。

というドラマでした。

よく考えますと、メモリーズコーナーと ストロベリーナイトを足して割った10年前のドラマですね。
西島さん、竹内さん、阿部さんの三人で競演なんてかなり贅沢。
今ではもうありえませんな。

しかし、竹内さんはやはり当時から「恋愛もの」よりも「芯のある女性像」を演じる方ですね。
その時代を演じるような。
阿部ちゃんはあいかわらずでかい。

西島さんはいまよりぽっちゃりさんで、ぼーーーっとした感じですけどバイクが珍しいかな?

ここまで書いてしまったので西島ポイントはーーーーー
そうですね、ぶっきらぼうなセリフか??
大河に慣れてしまったので、あれは逆に新鮮になっていました(笑)
で、笑うときの法令線。
目尻の暖かさ。
そして、バイクにまたがる姿はなかなかでんなあ〜





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。



中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。