So-net無料ブログ作成






八重の桜 17話 [2013ドラマ]


長崎へ行った、覚馬。
結局、失明の宣告を受けますが、異人たちの生活、長崎の環境に身を置きながら、失明しても出来る事がある事に気がつきます。
あるとき、戦いに備えて武器商へ銃をそろえにいきます。
そこで、運命の「スペンサー銃」に出会い、みねと同じ年頃の少女に会います。

別れの際その銃を記念として渡され、そして少女からは「びやまん」というガラス細工を手渡されます。
それらはお土産として、会津に送られ山本家の心を和ませますが、戻ってこない覚馬にいらだつ、みね。
心配する尚ノ助。

帰国する予定だった、殿が将軍の抑制によりそのまま京都に残る事になってしまったことが要因の一つ。
殿も日々日々顔色が悪くなり…

そんな中、尚ノ助と八重は攻め込まれると仮定した場合の要所である、白河へ向かいます。

というわけで、小賢しい(と言われる)慶喜のせいで、京都に残る事になった殿様。
あわれじゃーーー。
またあの子憎たらしいのが似合う、小泉孝太郎さん。
役の幅が広がってきた感じですよね。もちろん、あの方の息子ですからこういう才もありそうです(笑)

殿もだんだんやつれていく様子がわかりますね。顔が青くなるというよりも、仕草がただでさえなかったのに、なくなった。決して演技していない訳ではない演技というのでしょうか?

そして今週の西島さん

もう、とうとう総髪になったよ(ばんさーーーい)
前半、失明を宣告されたときはやつれたようにみえましたが、総髪になったらなんとなくふっくらして
顔色も良くなり若くなったような。
これから後半になって、どんな髪型になるのか楽しみ。
ついでに、長崎で着用した異人の衣装。ちんちくりんで似合ってないのが似合ってた(笑)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。



中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。