So-net無料ブログ作成






ハーメルン情報 [2013映画]


苺夜のほうも情報解禁が進み、公開を待つのみ。
八重の桜のほうもスタジオでの収録が着々と進んでいる様子。

来年の西島イヤーにむけて、皆様のご準備はいかがでしょう?


さて、忘れちゃいかんのが、映画「ハーメルン」
個人的にインディペンドの西島さんがすきな うた としては、来年最も期待している西島作品。

昨日、監督の坪川さんの楽団のライブに行ってきました。
(これがまた面白いんですよ。興味ある方、一緒に行きませんか???」

その中、坪川映画の大黒柱ともいえる「小松正夫」さんが登場!
しらけ鳥、電線マンに涙した、ベビブーム世代が…多かったな。客席は。

監督の作品は長編を2本、短編を1本みせて頂いていますが、どれも感性研ぎすまして、体で感じたい映画。
理屈じゃなくて、なんというか心の底がうずうずするような感覚を得られるような気がします。
どれにも小松さんが出演されていて、味をしっかりつけているんですが、ハーメルンにも登場とか。

プレカット版を私はまだ見ていないので(かなりしつこいよ)話の筋もまだよくわからんのですが
どうも、プレカット版と映画本編はかなり違う部分がある様です。

なにせ、本人のお話では今日もハーメルンの作業をしていて、99パーセントくらいできた(あくまで本人談)ですから、かなりまえのプレカットと同じという事はないでしょう。

この感性豊かで面白い監督の元、西島さんがどんな演技をしたのか?
監督に何を引っ張り出され、監督の何を引っ張り出したか?

とても期待大です。

しかし、監督、舞台挨拶できるのかなあ…
で、公開まで何年かかるんでしょうね?結局美式天然の7ねんとそうかわらないような…。
でも、そうだよなあ。
ぼんぼん短期間で映画沢山作れる方がある意味変なのかも。


あと、13日火曜日にナデリ監督の「東京フィルメックスの楽しみ方」というトークショーがあるそうです。
http://filmex.net/2012/guest.html
久しぶりに弾丸トークが聞けると思います。いいなあ行ける人。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画


中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。