So-net無料ブログ作成
検索選択






八重の桜 17話 [2013ドラマ]


長崎へ行った、覚馬。
結局、失明の宣告を受けますが、異人たちの生活、長崎の環境に身を置きながら、失明しても出来る事がある事に気がつきます。
あるとき、戦いに備えて武器商へ銃をそろえにいきます。
そこで、運命の「スペンサー銃」に出会い、みねと同じ年頃の少女に会います。

別れの際その銃を記念として渡され、そして少女からは「びやまん」というガラス細工を手渡されます。
それらはお土産として、会津に送られ山本家の心を和ませますが、戻ってこない覚馬にいらだつ、みね。
心配する尚ノ助。

帰国する予定だった、殿が将軍の抑制によりそのまま京都に残る事になってしまったことが要因の一つ。
殿も日々日々顔色が悪くなり…

そんな中、尚ノ助と八重は攻め込まれると仮定した場合の要所である、白河へ向かいます。

というわけで、小賢しい(と言われる)慶喜のせいで、京都に残る事になった殿様。
あわれじゃーーー。
またあの子憎たらしいのが似合う、小泉孝太郎さん。
役の幅が広がってきた感じですよね。もちろん、あの方の息子ですからこういう才もありそうです(笑)

殿もだんだんやつれていく様子がわかりますね。顔が青くなるというよりも、仕草がただでさえなかったのに、なくなった。決して演技していない訳ではない演技というのでしょうか?

そして今週の西島さん

もう、とうとう総髪になったよ(ばんさーーーい)
前半、失明を宣告されたときはやつれたようにみえましたが、総髪になったらなんとなくふっくらして
顔色も良くなり若くなったような。
これから後半になって、どんな髪型になるのか楽しみ。
ついでに、長崎で着用した異人の衣装。ちんちくりんで似合ってないのが似合ってた(笑)



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

八重の桜 15、16 話 [2013ドラマ]

トークショーも挟んだので、今週は二週まとめていきます。
トークショーの話も入ってきますよ。

さて、黒木メイサさんでてきましたね。
竹子様。
恐ろしく気の強そうな武家の女ですが、同じく気が強い八重ちゃんとは対照的。
最期がどうなるか楽しみですな。

そして、産まれたぞお。
梶原さんちの赤ちゃん(笑)
覚馬がかすむ目に浮かぶ赤子に「命のにおいがする」と言いました。
長い間会えていない娘にも思いを込めていたのでしょうが、目の徐々に悪くなる自分の
未来に光を感じた瞬間なのかもしれません。

しかしこの梶原さんちの奥さんの実家、山川さんちはすごいですね。
妹はあの。後の大山捨松。鹿鳴館の花ですもんね。 大倉巌の奥さん。
大蔵もロシアへ留学するし、この一族相当頭の出来が良いのですなあ。
まあ、梶原さんちの奥さんも離婚して、その後は教育界に生きるようですが。

この赤ちゃんの産まれたシーンは、トークショーで西島さんが言っていた「京都の男子校組?」
的なノリで思い現実の中でホッとする場を作り上げましたね。
そのなかで、やはり覚馬がふびんすぎる…

そして、会津の八重の尚ノ助さん。火事場で愛を深める。
さすが、メロドラマの帝王長谷川さんだわ〜。あの純な八重ちゃんをめろめろにさせて、その上それに
違和感がない。
抱きつく所なんて、単純に初々しいけどそこがまたいい感じでした。

そんで、今週の凄いのは中村獅童さんの踊りですね。
気合いと怨念つまる、慶喜への土産物でしたが、歌舞伎役者さんさすがです。

で、二週の西島ポイント
先日西島さんが言っていましたが、羽織のぼんぼん(と本人も仰っていた?)は階級によって
色が違うのだそうです。
プロデューサー曰く、常とは違い、薩長から見た会津戦争ではなく、会津の方からみた会津戦争。
これから、覚馬は長崎で目の治療をうけ、見えなくなっていく自分と向き合う事になります。
「動から静へ」
の演技の分岐がここ数回のポイントになってくるでしょう。
無理をして笑ったり、本気で涙したり、そんな喜怒哀楽の多い西島さんを見るのが楽しいうたなのでした。


そして、番外編「今日の殿」
頼むから、帰ってくれよ〜





nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

八重の桜トークショー 筋肉番付 [トーク 取材等]


なんだかんだで、一番盛り上がったのは(司会者がか?)
筋肉の話。
はるかちゃんも腕立て伏せ150回とか、がんばっているそうですが
会津組ではマッスル大会もどきがおこっていっるようで
一番は獅童さんが西島さんに負けじとがんばっているんだとか。

でも、西島さん、そろそろ牢獄いんなので体もそのように作っているんだそうです。
なので、すこしふっくらしてみえたのね。
筋肉落とす前って、脂肪もでちゃうもんね。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

八重の桜 トークショー in 白河 [トーク 取材等]

IMG_0460.jpg

拝啓 西島秀俊様

本日の強行植樹祭、トークショー。
大変ご苦労様でした。
特に、トークショーが終了後に雨。
寒い日々を耐えた、桜が待っていたかのように散っていきました。

新しい「はるか」は10年後に花開くそうですが、そのときあなた様はどのような役者に
なられているのでしょうか?

植樹祭でも、折々の行動でも周囲に気遣う姿を耳にしました。
子供さんの落としリュックサックをとろうとした事など、優しい一面をのぞかせていただいた
方も多いようです。

トークショーの方では、終止綾瀬さんと仲良くそして、引き立てる事を忘れずに理想の
「お兄ちゃん」でしたね。
そして、マイクを外しても二人でおにいちゃんもにょもにょと話す姿はかわいらしい姿で
会話中も話を盛り上げ、綾瀬さんに「お客さんになるなよ〜」などと軽口をいうなど
日頃の中の良さ、ドラマの面白さを印象付ける発言が多くありました。

また、観客が、西島さんの手振り発言を真似すると、自分でもわかっているようで(笑)一生懸命やめようとしていたようですが、5分とせずに戻っていた事など、観客も盛り上げ、進行も盛り上げ、話の中心を担っていました。

内容的にネタバレが多いので、ここでは書きませんが
「動から静」の覚馬をたのしみにしております。

最後にプレゼントされただるま。
あれ、ちゃんと、松、鶴、亀の描いてある縁起物ですので大事にして欲しいですね。

本日は 本当におつかれさまでした
              
                                         敬具







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

八重の桜 14話 [2013ドラマ]

にわか信じ固い事ですが
「西島さんが福島にくるんだよ〜」

まあ、ロケで会津は多かったのですが、何故に白河??
よくわかりませんが、近いので行きます!
ただ、見られるかどうかはわかりませんね。この人気ぶり。
女性週刊誌で、ビールとマッコリかって、信号待ち中にトレーニング??
まねしたら、右手がつりましたよ。

そういえば、篤姫のときも、堺雅人さんが宮崎かどこかでトークショーやりましたね。
NHKも中盤に人気のある人物をだしてくるとは、さすがじゃないっすか。

と、いうわけで、西島さん堺さんの後追いかもしれませんな。
では??結婚!!(涙)


今週の八重の桜
八重ちゃんの花嫁姿可憐でしたね。
若いっていいわあ。
そして、尚ノ助さん。
あんたは…性格が良過ぎます。
親戚に悪態つかれても、会津になじもうとするその心。
その純粋さが、後に離婚に結びつくような気もしましたが、さすが色気のハセヒロさま。
式の後の夜、潰れた尚ノ助さんを解放しながら、覚馬からの祝いの紅を見つめます。
それを新婦にぬるハセヒロさま。
これだけで、十分に「濡れ場じゃねーーか」
直接見せれば良い訳でもないですしね。雰囲気で新婚の雰囲気を盛り上げたNHKに拍手!!

しかし、その紅と対照的に、同じく貝に塗り困れた目の薬。
覚馬は 白内障で失明の危機を京都でむかえていました。
しかし、あれ、目に直接塗るんですかね?

京都守護職の給料まで差し止められた会津

「皆で会津に帰ろう。磐梯山の見える故郷へ」

殿のこの叫びに思わず涙。
会津って、使われてただけかよ。うん。と、思うけど実際には色々駆け引きがある訳ですが
アヤノンのこのシーンの叫びは良かった。

あと、叫びと言えば、普通の夫婦になってみようとする八重に尚ノ助が吠える言葉
「呼び方なんてどうでもよい。それよりこんなことで…」
って。
「私は世間並みの奥型は望んでいない。貴方は貴方であればよい。」

素敵すぎる。。。。。。


こんな夫がいたら理想ですねえ。
顔よし、理解あり、頭よしだもん。

桂小五郎でてきました。
ミッチー風格あるじゃん。もう、バラ飛ばさなくても十分だわ。

そして、最後に秋月が蝦夷地へ。
会津が時代の坂を転げ落ちていきます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

八重の桜13話 [2013ドラマ]


「よし!」
という尚ノ助の声。

力強かったですねえ。
銃と八重。
両方を手にいれた気概を感じる、芯のある声でした。

と、言う訳で、めでたい

のは、会津山本家くらいですけど。

大阪では勝海舟が「熟しすぎた柿」などと余計な事をいい(?)西郷さんをしっかり倒幕に向かわせているし。しかも、海舟さん「俺しゃべりすぎたかも」とかいってるし…
そもそも、生瀬さんが演じると、どうしてもあやつ(いおか)のお顔が出てきてしまい、おかしいのよねえ。

しかし、西郷さんの吉川さん。
意外に面白い。西郷隆盛も時代とともに変化している部分もあるような。
今までの狸さんのような西郷さんに、切れ味加わり、色気も足すとあんな感じ?

ただ、
「何のためにたたかっているのですかね?」
会津藩士も気がつき始めます。
時流の中での自分たちの立ち位置。捨て駒になりつつあることを…

立ち直っていく都の人々の姿を眺めながら、覚馬は言います。
「人間が生きていく力はたくましいものだ。」

何のために戦うのかよりも、人間の力を信じたい。
覚馬はそんな思いも抱いていたのかもしれません。

で、今回の西島さんポイント
八重の縁談の知らせに顔を和らげるとき。
本当に、大事な妹が嫁に行く事を喜んでいただけではなく、殺伐とした会津の中での一つの明かりのような幸せを喜んでいる。これからの大波の前に、普通の兄貴として妹の幸せを祝い、祈る兄、覚馬。
そのとき、襲う目の不調。
ゆれる西島さんに、こっちまで一緒に揺れて気持ち悪くなってしまいましたが、覚馬の人生も八重同様に分岐点を迎えます。

物語も中盤。
そろそろ中だるみしそうな、大河ですが、ここをどう乗り切るか、んhkさん勝負ですよ〜

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『好きだ、』 一週間限定レイトショー [2005映画]


好きだ、 [Blu-ray]

好きだ、 [Blu-ray]




あれ?今日ってエープリールフールか。
でも、これは嘘じゃなく、本当のお話です。

今回石川寛監督、宮﨑あおいちゃん主演の「ペダルダンス」公開に会わせ、石川作品特別公開
名作『好きだ!』が渋谷シネクイント似て4月27日から5月3日まで連日21時からじょうえいされます。
また、4月10日にブルー例も4月10日に特典映像を新たにつけて発売です。
もちろん、うたは密林でポチりました。。。。

いやーー、本当なペダルダンスの方にも西島さん出して欲しいなあ。最近あの感じみてないし。
でも、好きだ、がスクリーンで見られるなんてやったーーーー!!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画


中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。