So-net無料ブログ作成






2011ドラマ ブログトップ

ストロベリーナイト [2011ドラマ]


ストロベリーナイト DVD

ストロベリーナイト DVD

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




連続ドラマも終わった事ですし、原点に戻る。
DVDで見てみました。

数回は見ているのですが、ドラマ終了後は初めてという事で…気になった感想を。

竹内さんが、少し太っている。西島さんはシャツの上からも胸板の凄さがわかる。。。。

あと、ガンテツって公安出身だったという事を思い出した。
連続ドラマでは殆ど出て来ていませんでしたから、あまり感じませんでしたが、つまり姫の秘密を握っている
といえば握っている可能性は大なんですね。
武田鉄矢さんが戻ってくるであろう映画のほうで、それがどう生かされるのか。
ちょいと楽しみかも。

で、日下が盲腸で入院してスタートするのは笑えるが、やはり日下って憎めないですよね。
最後には姫のことなんだかんだで心配している。
警察内部の権威闘争みたいなことも表に出している様ですが、日下にせよ、ガンテツにせよ、基本
「性善説」の上に成り立っているキャラなので嫌らしさがない。
それを、良いと捉えるか悪いと捉えるのかは…どうなんでしょうね。警察。

そして、最大の違いはバック。
スペシャルでは赤のエルメスは使わないのね。
でも、エルメス持った刑事もちょいと嫌みだと思ったりする…

西島ポイント。
スペシャルは、ディスク担当という事で、内部から姫を支えるという役目。
絡みは少ないが、美味しい所は持っていっている。

そして、「れいこちゃ〜ん」の井岡よ。どうして、あなたはそんなに安定しているのか。
スペシャルでもドラマでもその崩れない人格。
流石だ。(やさぐれぱんだ の生瀬さんも好き)

ちょいと、スペシャルの方がその井岡に対しわかりやすい敵意を見せる菊田。
ドラマ版より少し子供っぽい所も見せつつ、最後は主任の命をつなぐ。

相変わらず、ちょっと浮いた感じの存在感で場を作り、見せ場はきちんと。
西島節だねえ。

自動販売機前の姫との会話。
姫が去った後の、菊田の丸まった背に言わんとしている事を感じる。
こういう深みのある演技をみると、やはりこの人、映画向きだとおもってしまうのですよねえ。
まあ、テレビでも十分なのですが。

さてさて、どうなる映画の菊田?


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

僕とスターの99日(最終話) [2011ドラマ]


結局…


ファイヤー


でした。

蔵さんすげーよ、蔵さん。

って、予想通り、キューピットだったのね。蔵さんは。
でも、自転車の鍵は渡さんだろう…普通(大笑)
もう、蔵さんの作品でしたわ。

でも、なんだかアメリカンドックを食べるようになりました。
航平効果?

真面目な、真面目な男を最後まで貫いた、並木くん。
スターも純粋。
絵に描いたようなストーリでした。

笑い所は恒例しりとり
「か」
で、西島さんが「要潤」と答えた所でしょうかね。
要君も良い仕事してましたよね。アルバムまでつくっちゃって。
しかも「僕とスターの99日」ですか。
もう。様式美の世界に突入!!って感じでしたね。

でも、西島さんも天文台に再就職できて、ハリウッドも見捨てないでくれて日曜夜のドラマ定番
ハッピーエンドだ。
しかし、蔵さん。最後までよくやったよ。
演技派俳優なんだけどなあ。。お笑いもできる所が凄いです。

で、西島さん総評。
私は、まあありだと思います。コミカル演技。
でも、痩せすぎてた。
映画の撮影の後のせいもあったのでしょうが、年齢を考えるとあまり痩せると魅力よりも威力が足りない。
今回のあまあまストーリーだから、そこそこ視聴率もとれていた(最終回は10パーセント越えていたとか)
ようですけど…

ただ、幅が広がったのではないでしょうか?
こんな役もできるというのは大きいかな。硬い役や重い役じゃなくて、いや、また逆に軽い男じゃなく。
今まで両極端の役が多かっただけに、今回のドラマは新鮮でした。

が、終わった後、ジェネラルルージュを見直した私…
速水先生カムバック〜


nice!(0) 
共通テーマ:映画

僕とスターの99日(9話) [2011ドラマ]


きたぞ、きたぞ
0000;">がんもおお

良い奴だ。涙出る。

「こうへいくんも男だったんだねっ」て
あんた40の男だよ大笑い。

しかも、もう記者会見という段階で話の見える…
西島さんがんばってんなあ〜蔵さんものってるけど。

そもそも、ドラマティクサンデーって、明日への活力にとかいうサブタイトルがついていたから
まあ、明るく楽しくがモットーなんですけどね。

トップ女優が引退宣言までして守りたい、航平さん。
まあ、わたしも離婚して守れるくらいなら守りますがな^^;

みっちゃんもすごいよ。バックミュージックは日本むかし話。
なぜ???


というわけで、冬ソナのようま波瀾万丈ストーリー(見ていませんけど)
兄弟じゃなくって良かったわ。
まあ、来週は西島さんが離れてどうなるか?でしょうけどね。

クリスマスイブ。
一人で見そうで怖いわ〜


なんじゃ?こりゃ?

nice!(1) 
共通テーマ:映画

僕とスターの99日(8話) [2011ドラマ]

やっぱり
がんも


良い奴だ…
まあ、展開が明らかな話とはいえ、ここまで話が分かると逆に見たくなる心理。
西島さんも40にもなって、あんな青春群像ご苦労さんだなあ。
あすなろ白書じゃないんだからさ。

蔵さんは合ってるけど。


しかも、最後のキスシーン。
あのさ、20代じゃないのよね。もうすこししっとりできないかね。
でも、西島さんにしては、珍しく純情キスなんでみてしまうけど。
なんつうか、ディープではない!!

このさいだから、みっちゃんとくっついてお笑いで終わらせるのも手じゃないだろうか?
このままユナさんとじゃ盛り上がりに欠けるなあ〜と思う。

良シーンとしては、がんも とも タイマンですか。
なぜ、お前ががんも をなぐる!!って感じでしたけどね、

蔵さん、さすがだわ。あのあとの台詞胸を打った。
そして、加藤あいちゃん。
またしてもジェエネラルに振られたねえ。


ともかく、今までとは作風が違いすぎるので目新しい西島さんがまぶしいですね。
nice!(0) 
共通テーマ:映画

犬の消えた日 [2011ドラマ]


松倉修平(西島さん)一家の戦時下。

映画では、大人しか見ちゃダメよ的内容が多いのですが、ドラマだと割と子供と一緒に見られる真面目な役の多い西島さん。このドラマも終戦記念特集で子供と一緒に…というのがコンセプト。
私は、絶対に一人で見ますけど。

/////理由、崩れた顔を子供には見せられないからだ。ふん!/////

さて、前髪真ん中分けの修平お父さん。
縫箔屋さんの親方であり、裕福で幸せな一家の長。
しかし、修平にはコンプレックスがあります。足が不自由なので招集されないのです。
今にして思えば、「ラッキー」位の感覚ですが、当時の愛国思想を深く植え付けられた男子には大問題。
代わりに、犬に訓練を受けさせ、その犬を戦地に送ります。

この修平お父さん。
西島さんなので、西島さんなのですが、少し顔が丸く、現在放映中の僕とスターのとは趣が違います。
本当にお父さんの西島さん。よく考えると40歳なのでお父さんで良いのですが、独身アラフォーもできる
お得な役者さんです。

娘のさよ子には「今は戦時下だ」と非情に言います。
しかし、修平にも段々と戦争の流れ、世の中のおかしさに気がつくときが訪れます。

圧巻は、弟子の元太に招集礼状が来たときです。
元太は少し知能の遅れがありましたが、素直で優しい子。修平も子供のようにかわいがりました。
そんな子が戦地へ行くのです。
修平は、元太の指を斧で落とそうとします。狂ったように。
指を落せば、戦地へ行かなくても良いのです。それは足の不自由な自分が一番しっていることです。

愛国心たっぷりの頃には想像できない行動でしょう。

娘の飼っていた犬、職人、そして戦地から戻ってきた軍人。
その姿をみて、違和感を持つ日本人。
反対勢力のように力のあるものではありませんが、日常の中にある幸せと命を守る。
それが、自分の使命だと気がついていく。
戦争だ、なんだじゃなく…お父さんのつとめを見つけ出した、一人の平凡な男性を西島さんが等身大で見せてくれました。
そして、その中にある戦争の矛盾さが子供達に伝わることでしょう。
一人一人の思いが、大事な事にも気がつくのではないでしょうか?

ナレーションも西島さんです。
あの深みのあるようで、明るくなる声。
ドラマの内容にも合っていたと思います。

そして、国民服の西島さん。
うん。
何着ても似合う人はお得ですね。

でも、白シャツがいちばんだろうな
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

僕とスターの99日 (7話) [2011ドラマ]

もう、がんもきたよ。がんも!!

と、しか感想ないのか?わたし??
もう、さぼてん、がんもコンビは永遠です。
続編作って下さい。

多分、本筋のラブコメは…どうでも良いのかもしれない。
この話は 「僕とがんもの99日」で良かったよお。
すごく、がんも (佐々木の蔵さん)が良い人すぎて、航平のピュアさがめにしみて
この2人の小学生時代もさぞ、面白かったんだろうな、30年前と思ってしまいます。

しかし、ケーキはまずそうでした。だって、水色ですよ。。。。

今回の最後に、ヨナさんが航平に告白します。
しかし、大事な所は韓国語で航平に想いを伝えます。もちろん、日本人ばりばり航平くんにはさっぱりわかりません。



いきなりキスされれば驚くわな。

昔なら英語で畳み掛けて似たようなシーンを何かで見た事がある。
ベタな展開。
これが人気の韓流形式なのか?
コメディーの方は西島さんものってるし、蔵さんいっちゃっているし。
ボケと突っ込みは完璧。
蔵さんはコメディーもこなせる人でしたが、西島さんはここまでdeepなコメディーは初めて。
かなり心配しましたけど、意外といけると思います。
最初の頃は引きつった顔が目立ちましたけど、最近は自然に動きますね。

しかし、西島さんずいぶんヤツれているので、それが40独身男の悲しさを妙に表している。
役つくりはさすがかな。
セリフまわしもいつもの感じとは違うので、新鮮です。
新境地開拓でしょうか。oldfanには好き嫌いの別れる所でしょうが。

まあ、写真も撮られ、展開丸見え状態のドラマです。
クリスマスまであと、何日?

がんも〜ふぁいやーーー!!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

僕とスターの99日(5、6話) [2011ドラマ]


中盤戦になり、航平(西島さん)と ヨナさんの関係にも変化が見られ、ガンモ(蔵之介さん)絶好調!
回を重ねるごとにサボテン(航平のあだな)とガンモも掛け合いが、漫才化していっております。
ラブコメ??というよりも、お笑い??
主人公の恋愛よりも、そっちの方が面白いという摩訶不思議なドラマ。
どうせ、最後はくっつくのでしょ(プン)と、思ってドラマを見ていますから、こういう絡めた脇の話の面白さの方が目につくんですよね。

もう、ガンモ命だ!

しかも、今回(6話)は 加藤あいちゃん登場。
西島ファンならば、あの名作ドラマ「ジェネラルルージュの凱旋」を思い出す。
和泉先生…速水先生にフラれる所か、箸にも棒にもかからない片思いでした。
今回も、話の裾にもかからない片思い。

しかし、前回は完全シリアス、今回は完全ギャグ。
同じ2人なのか??と思う程に雰囲気が違いすぎて涙が出てしまいました。
でも、ジェエラルの時は花房と…というかライバル云々ではなく、速水の個人的事情(医師としての妙な使命感)も複雑に絡み合う内容だったのですが、今回は、一応意中らしき(?)女性もいる、どうしようもないダメ男的なサボテンさん。

ジェネラルとサボテン。

加藤さんも面白かったのか、やりにくかったのか。

話も終盤になってきます。
ガンモがなんだか、キューピットになりそうで怖いんですけど…


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

僕とスターの99日(1〜4話) [2011ドラマ]



現在進行形のドラマなので、気がついたことをつらつらと。
今日(11月13日)で4回目終了。
西島さんの持ち味があまり出て来ない作品になりそうな悪寒はしていましたが…そうですね
既成の西島さんではないような気がします。
でも、本人は楽しそうに演じているので、みていると面白い。

特に、佐々木蔵之介さんとのからみがいいですね、蔵之介さんは演技達者ですから、なんでもあいますけど
西島さんは、どちらかというと、雰囲気型なので周囲にとけ込んでしまうので、蔵之介さんのような灰汁の有る方のほうが、旨く乗りやすいんじゃないかな。と思ってみています。
回を重ねるごとに、西島さんの演技もただの叫びから落ちついた感じがしますね。

昔の「時間ですよ〜」の中に石坂浩二が出てきたような違和感と、ハマり方に近いような。
私は、韓流ドラマは見ない人なので、よくわからないのですけど、あのベタな展開はまあ日曜の夜にはいいかな。なんだか、ほんわりしますね。

西島さんの他の映画とか見て月曜日迎えると、悶々と考え込んじゃうからたまにはこういうのもいいです。

で、しかし、キネマ旬も売り切れ。昔の写真集も高くなっちゃって、なんだかおじさんパワー全開の西島さん。
何故?今更という感じもしますが、あいかわらず、福島のほうで映画も撮影しているようですので、そちらも期待。
一緒に年齢を重ねていきたい方ですね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ
2011ドラマ ブログトップ


中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。