So-net無料ブログ作成
検索選択






2002映画 ブログトップ

ラストシーン [2002映画]


ラストシーン デラックス版 [DVD]

ラストシーン デラックス版 [DVD]





2002年の映画ですから、割と西島さん自身もテレビドラマから少し離れたと所にいて、映画にも出演し…という時期ですね。そう言う意味でも実にタイムリーな内容の映画だったのではないでしょうか?

1965年。
庶民の娯楽が映画からテレビに移り変わろうとする端境期。
三原健(西島秀俊)というスター俳優がいました。
しかし、時代は映画スターという地位を必要とはしていませんでした。
酒に溺れ、身を崩して行くスター俳優。
西島さん、どんな思いで演じていらっしゃったのでしょうね。
映画は、○○組という感じで、一体となって作り上げるもの。
1965年当時の映画作りの熱気が良く伝わってきました。
ちょっとのミスも許されない緊迫さ、しかし成功した時の大輪の笑み。
俳優陣だけではなく、照明さん、技術さん、皆が同じ条件でした。
ともかく、一つの作品を作ろうとする集団熱気が感じられます。

さて、この女にもだらしない(いつもの)三原君。
結局、仕事も後輩に奪われた挙げ句、お酒を注意した妻にも暴言を振るい、撮影所から追い返します。
そして、妻は事故に巻き込まれ死亡。
三原は映画界から忘れられた存在になります。

ここまでの三原は西島さん。
はい、相変わらず新しい女の子に手を出そうとするなど、軽い俳優をしっかりやってますよお。
そのくせ、映画には熱心。
普段のあの癖のある話し方ではなく、割と張りつめた台詞回しが印象的。
映画に賭けている男。
を熱演していました。

最後でわかりますが、実は三原は子役出身。
貧乏家庭に育った彼は、ご飯を美味しそうに食べられると言う理由で抜擢され、自然に映画人になった人。なので、映画は彼の人生だったのでしょうね。
その、映画がだんだん廃れて行く。
同時に三原も廃れて行きます。


2000年
同じスタジオで「ドクター鮫島」なる撮影が進行中。
テレビドラマの映画化です。
テレビと映画の職人達の違和感。
もちろん、互いにあるでしょう。

私個人的にも、テレビドラマの映画化は面白いと言うか…画面が大きくなっていいぞ!
とは思うものの、映画としては見られない。映画の良さは無いかな。
つうか、映画にする必要あるのかい?と思ったり。

その映画に、長い事忘れ去られていた三原がひょっこり代役で出る事になります。
癌の末期のおじいさん。
人生のラストシーンを三原は演じます。
しかし、
台詞が上手く出ない。
「人生は走馬灯」という病床での台詞もありましたが、それに乗せて若きころの三原も回ります。
石原裕次郎さんみたいな撮影をする、西島さん。結構楽しんでいるようでした。
妻とであったとき…黄金期…

何度も失敗して、最後に CUT!
助けてくれたのは組のみんな。昔、怒鳴った照明さんも。撮影の人も。
最後まで三原を見守ります。
最期まで…ですね。

泣ける映画でした。

ちょうど、もうすぐ西嶋さんの CUT が上映開始になります。
映画に命をかけた人たちのもう一つの物語。
この映画をみてから 最新作をみるのも良いかもしれませんね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

すべては夜から生まれる [2002映画]



すべては夜から生まれる [DVD]

すべては夜から生まれる [DVD]






まず、西島さんに競馬場は意外と合う。
しかも川崎、地方競馬のダート。変に玄人の親父臭さが出ています。
そして、タバコはチェリー。知っている人いるのか??
もう、70年代前半バリバリの映画
私個人的にはインテリアに興味がありました。
時計が何個か出てきますが、どれもこだわりのある、存在主張系の時計。
そして、公団の一室。当時のモダンリビング。
これって、今のはやりですね。
映画のストーリー云々よりも、背景や雰囲気がまったりとしていて、この時期眠くなるけどなんとも言えない変な味わい深さがある。
そして、音楽。
一言でいうと効果音特集。
そのカット、カットに合わせた音楽というよりも音の集合体。
また、ドラマ慣した脳みそにはこういう、映画っぽい映画は新鮮かも。
あたりまですけど、ヒトコマ、ヒトコマ映像があってそれが回っているような画でした。


撮影に行くと言って競馬している俳優山形(西島さん)。建設現場でも働きます。
俳優とは言っても、自称俳優みたいな感じで、ヒモ男。
特性として、同棲相手には、変に優しい。

でも、この彼女との間もさめていて、彼女が帰宅する時間に出て行き、出社する頃に戻る。
また、彼女の方も山形にはさほど興味はないらしい。仕事に関しても本気で聞いている風合いもない。
惰性の2人。


もう一人は、変な画家 上原
絵を描いている間は女をカフェにだす。終われば迎えにいく。その割には独占欲強し。
そんな生活に女は気だるさを感じているようだ。
毎晩裸でねる女。


そんな山形と上原が出会い、山形は上原の家に泊まる事になります。
そのとき見たのは、裸で寝る女。


登場人物も台詞が少なく、間の取り方が難しそうな作品
その少ない台詞も抑揚がなく、昼間の場面(少ないが)でも、夜のだるさが見える。

夜の街がピカピカ色々な濃淡の丸い光で表現。幻想的な画でした。

話はまとめると、痴話喧嘩。
山形と上原の女がフェリーに乗り旅にでる。
この2人に恋愛感情があったようには見えない。ただの逃避に感じる。
でも、特に何をしたというわけでもなく、ただ、時の流れに身を任せ〜という感じ。
実際、西島さん何もしていません。珍しい。
その間、上原は嫉妬に駆られる。

そして…山形は上原を刺す。
2人の女性は、生死不明の山形を動かなくなった車の中に残してあっけなく去っていきます。

残酷な男と女の物語でした。





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

Dolls [2002映画]


Dolls[ドールズ] [DVD]

Dolls[ドールズ] [DVD]





この作品は…
北野作品的にどうなのかはわかりません。
でも、私、こういう最後に全部逝っちゃうの好きです。

とても美しい画像、色彩、衣装。
日本の四季をとても繊細に表します
ロシアで2年間もロング上映だったとか。ロシア人はこういった美形式が好きなんでしょうかね。確かに音楽も映画的な音楽が多いです。クラッシックでも。特に近現代の、ラフマニノフあたりから。
そう考えると、ドラマティクて切なくて、美しい。という条件を満たしている。
盛り上がりが有る訳ではないけども、全体的に静かに蒼い炎で静かに燃えている映画です。
確か「北野ブルー」と評されているそうですね。北野監督の映画。
ご本人は、当時「最も暴力的な映画」とインタヴューで語ったそうです。
確かに、見ている方としても心理的に暴力的だなと感じますし、息が詰まります。
暴力シーンはほとんどないのですが。

三組のラブストーリーを交差させて展開していきます。
西島さんは松本という男を演じます。菅野美穂さん演じる佐和子と結婚を誓い合った関係でありながら、社長令嬢と結婚してしまうという…またどうしようもない男なんですが、式直前に、佐和子が自殺未遂をし廃人同様になって病院にいると連絡をうけます。
松本の両親は苦労して、松本を大学まで出し佐和子に現金を渡してまで、社長令嬢と結婚させようとした。
松本本人も、佐和子と両親の間で苦しんだのかもしれませんが、その描写はなく、そのかわりに、結婚放棄、失踪という形で佐和子の元にもどります。
ちなみに、松本のお父さん役はなつかしい「アイフル」のコマーシャルのチワワのお父さんの清水さんでした。

廃人になった佐和子を松本は連れて歩きます。佐和子が逃げないように互いに縄をくくり付け生活していきます。その過程は、普通の感覚の持ち主だった松本も何かに逃げるように、いや、佐和子の元に行くように、徐々に人としての仕草を失っていきます。
そして、2人は四季の中を美しく歩き続けます。

最後に、佐和子が少しだけ、昔の幸せだった頃の事を思い出す仕草をします。

それが2人の救いだったのかな。

そして、2人は繋がったまま雪の中を滑り落ち…
生死は不明ですが、報われなかった恋ということに落ちつきます。

多分互いに愛し合ってはいた。でも、一方は何らかの形でふわっと浮いた。その時、片方は自らを閉じ込めた。
その結果は、浮いた方が背負ったのか?苦しんだのは、誰だったのか?

じりじりと、歩く、追いつめられる、終わりを迎える西島さんが美しかった。

より愛した方が負けなら、松本の方が負けだな。
そういう意味で心理的にかなり暴力的作品である事は間違いないと思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
2002映画 ブログトップ


中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。