So-net無料ブログ作成
検索選択






1994映画 ブログトップ

居酒屋ゆうれい [1994映画]





記念すべき、西島秀俊映画初出演作品です。

なのに…なかなか良い役をいただいていますね。
それに、この豪華出演役者さん達。
今、これはありえんだろうという凄さ。
時代もちょうどバブルの終わり。西島さんも茶髪で登場。


居酒屋「かづさ屋」を舞台に、店主と客達が繰り広げるコメディーあり、涙ありの物語。
店主荘太郎(萩原健一さん)は、女房のしず子(室井滋さん)を病気で亡くします。その際に
「もう、他に女房はとらない」と約束してしまった事から話が広がります。
しかし、相手の里子(山口智子さん)に惚れて、あっさり再婚

約束を破った夫の元に夜な夜な幽霊「しず子」さんがやってくるのです。

夫婦はなんだかんだと文句を良いながらも 、足のある幽霊のしず子を受け入れながら時は過ぎて行くのですが
里子の元夫(豊川悦治さん)が出所したり、常連客の寺岡が復縁相手(余喜美子さん)をつれてきたあたりから
ゆうれい、しず子さんが人の良さ??(幽霊の良さか?)を見せます。

里子の元夫は里子につきまとおうとするのですが、里子にしず子は乗り移り、上手く元夫を殺害。
寺岡のばくちの手助けもしてしまい、しず子はこの世からさっていく。
(どうも、幽霊の世界ではそういうことになっているらしいです)

しず子はこの世に見れんがあったけど、荘太郎は
「生きているニンゲンが大切なんだ」
という一言に、幽霊魂を揺すぶられたんでしょう。自ら手助けし、天に召されて行きました。



という、お話で面白いんですね。
なんといっても、室井さんが上手いし、山口さんがまたいい味出してます。
トヨエツの若いころもなかなか貴重。
そして、常連客に橋爪功さん、八名信夫さん、そして西島さん。
西島さんは酒屋の幸一です。

で、西島ポイント
初出演のくせに、なぜにあんなに目立ってるの〜
というか、カウンターの隅にすわったり、他の客にチャチャ入れたりする役回りなんですけど
やはり存在があるんですよ。
なんでかな。ただ、おでん頬張ってビール飲んでるだけだったり、女の子に喜んだりしている
当時の若者なんですけど。
ワンシーン、壁に寄り添い、立ちながら煙草を吸うシーンがあります。
後の西島作品でもタバコはすうのですが(確か本人はあまり好きではないそうですが)
その前で、ショーケンんさんが演技していても、壁の華にしっかりなって存在はアピってます。
もちろん、無意識でしょうけど。

ともかく、23歳頃の、茶髪の若者、西島さん。
声は今と変わらず澄んでいて、よどみない台詞まわし。
そして、なにより、制服じゃなく、若者の格好してます。これは、貴重。
ちゃんと酒屋の兄ちゃんも演じてます。

こういう西島さん、もう見られないと思いますので、本当に楽しいですよ。
また僕スタのテンションとも違う。

念願の映画初出演で、とても嬉しかったんだろうな。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
1994映画 ブログトップ


中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。