So-net無料ブログ作成
検索選択






1996映画 ブログトップ

セラフィムの夜 [1996映画]



セラフィムの夜 [DVD]

セラフィムの夜 [DVD]





これは、間違いなくR15です。
良い子は見てはいけません。

主な出演者
涼子(大沢逸美) 辰夫(白竜) 博之(西島秀俊)

もう、最初からかっ飛ばします。博之(西島さん)
ここまで、おしり丸出しの映画もございません。
もう、ストーリー云々の問題ではなく、西島さんの可愛いおしりと、淡いブルーのブリーフ姿。
映画前半で鼻血ブーで終了…
してはいけないのだった。


美大卒の涼子は、所属していた剣道部の見学に行った際に、後輩の博之にあう。
博之は、着替え中の涼子に好意を示すが、極めて異常。
博之は大邸宅に住み、そこで涼子の絵を描き貯めていた。
邸宅のプールの中の水を抜いたアトリエにある沢山の裸体。
その絵を見た涼子。

そのとき、博之の異母兄辰夫がやってくる。
彼は、韓国人を母に持ちながらも、右翼活動を行っていた。

そのころ、涼子はある診断を受ける。体は女性だが、染色体は男性。
つまり「半陰陽」

物語的には、この二人が社会で自分の居場所を探す為にもがく姿が描かれ、それに博之達が加わるわけだが、
軽く見ようと思うか、重く見ようと思うか、エロ重視で見るか、西島さん重視でみるかで作品評価が大きく別れます。
私的には、後に書く西島ポイント以外にも、ストーリー的には狂っていて好きです。
まあ、原作が花村萬月だということもありますが。
ただ、涼子さんがあまり魅力的ではないんですよ。
なんというか、男を巻き込む形になっていくのですが、その魅力はあまり感じませんでした。

博之は涼子の部屋の鍵を盗み、彼女の写真を撮り、そして、彼女が半陰陽である事を知ります。
そして、狂気に満ちながら絵筆を撮る。
そのまなざしは、何に取り付かれているのかわからないが、とにかく美しい。

1枚の絵を完成させる。
その絵を涼子に見せる博之。
両性具有者である涼子に捕われていく博之を狂気と愛で西島さんは表現。
「6万千4百分の天使」と題した絵。
博之は裸の涼子に翼を付けます。
アンドロギュノス…ギリシャ神話での両性具有者。
この肖像画にも翼が出てくるので、それをモチーフにしていたのか?
ちなみに、涼子が好きなセラフィム(天使の九階級のうち最上とされている。三対六枚の翼を持ち、2つで頭を、2つで体を隠し、残り2つの翼ではばたく。)も同じく翼を持つ。
博之は、涼子に何かを見つけ、それを表現したく追求しているうちに、愛を持ったのかもしれない。

はい、ここからは西島ポイントだす。

「涼子さん。あんたを理解できる男は俺しかいない…俺しか」
西島さんは腰ラインの青のブリーフだす。
上半身胸板が今より細いですね。でも、絞ってるな。
サヨナライツカのような感じではないのですが、瑞々しいライン。
あれは、あれで美だわ。

つまり、涼子を襲う訳ですが…強姦罪だよ。あれ。
しかし、罪でもなんでも、ここまでやる西島さんは他では見当たらないはずなので…(今後知らんが)
もう、お涙ヨダレもの。

そして、背中にパレットナイフを刺されても腰を動かす男。
うーーん、これはなかなか、迫ります。


「愛してるって言え」
涼子が乱暴に放つ。
「愛している」
流血しながら博之は答える。
「男でも良かったのに」
と残し、彼は動かなくなる。

その後、辰夫がやってきて、博之に木刀を振り下ろす。

で、西島さん、はだかのまま埋められちゃったよ。おしりだしたまま。
前…出さないのね。(アホ)

ともかく、西島さん、裸ですから。は、だ、か。
しつこいくらい言いますが、おしりが丸いです。はい。


その後の話はですね、辰夫と涼子が韓国へ行って、結局辰夫も死ぬということで…

まあ、男と女 日本と韓国 という狭間で悩む男女の葛藤を描いた作品なのでしょう。

が、私的には西島さんの、西島さんの おしりが〜
ではなく、やはりCUTもそうですけど、このような、全身体当たり的な役もやって欲しいですね。
たしかに、定番西島ラインからは大きく外れますが、若い頃にもこんな演技していたというのは面白い事実。

多分、なんでも出来ちゃうタイプなんでしょうね。
逆に枠を最近壊し始めたのかな?と思う作品でした。

何度もいうけど、R15です!!


ところで、ストロベリーナイトのおかげで、おいでいただく方が増えておりまして驚いています。
来週まで待てないよ。という人。
みんな、同じよ〜。

テレビの西島さんも良いのですけど、過去作品の西島さんも良作沢山ありますので、是非ご覧下さい。
あと、現在公開中  CUT   セイジ
も、お忘れなく。

もうすぐ西島さん、お誕生日ですねえ。

nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:映画
1996映画 ブログトップ


中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。