So-net無料ブログ作成






映画祭 ブログトップ

日プロ授賞式 [映画祭]

一分で売り切れたとかいうチケットを手にし、行って来たよ!テアトル新宿!!

ただ、その前に渋谷でカサヴェテスの「ラヴ・ストリームス」を見てから行ったので
精神的に疲れた。あれは重い。

授賞式は、大高さんの凄い突っ込み進行。伊藤さんの素敵な司会をベースにアットホームな感じ。
高崎とはまた違い、ミニシアターでの授賞式はまた趣がありました…が報道の多い事。
テレビカメラも数台はいっていましたね。

まあ、授賞式は相変わらず、主演男優賞、監督賞と並んで座っていました。
インタビューの内容等の詳細はここがいいかな。
まあ、漫才してました。(笑)

http://www.ent-mabui.jp/news/2106

西島さん、今回は凄く柔らかな仕草が多かったですね。
リラックスされていたのかな?

http://www.facebook.com/cutnaderi

こちらのページでも見られますが、まあ…正座してる西島さんの頭らしき写真。
珍しい。

ストロベリーナイトの撮影中なので、菊田モードの西島さん。髪の毛は少しパーマがかかっていていました。
が、菊田みたいに難しい顔は今回は一切無しで、ずっと笑顔、笑顔。
本当に、嬉しそうでした。

ちなみに、何故かナデリ監督「ごめんなさーーい」という日本語がお上手になった?ようで、授賞式のあと
映画館から出る際も西島さんの後ろで、面白く言っていました。

そして、上映。
作品賞の監督失格は突き刺さる。
次は、ニンゲン合格。
西島さん若い。役所さんも若い。
何度も見ている作品でも、映画館でみるとまた違うということを改めて知る。

最後は「さよならみどりちゃん」
これも、またスクリーンでみると、あの悪い豊くんが、更にパワーアップしてしまい…
「ソープで働いたら?」
なんて言う豊に(そういえば、両方豊でしたね。)、真面目に「お前ひでーーーぞーーー」
と心から思いつつ、かわいらしさの残す豊に何故か惹かれるというのも西島マジックか。
最後に一緒にカラオケ歌いたくなってしまったわ。


終了は朝5時。

劇場から出たら、明るかった。
そして、始発で帰宅しました。



面白くも、なかなか考えさせられる映画祭でした。
色々な監督のお話も興味深く、映画の強さがすこし私のような素人にも見られたような気がします。

そして、榮倉奈々ちゃん。
またまた見たけど、かわいいのお。赤のワンピースがよく似合う。
会釈されて通り過ぎて行ったけど、折り目正しい。
緑さんも、「おめでとうございます」と帰りに声をかけたら「ありがとう」と笑顔で答えてくれました。
西島さんも大股でスタスタ出て行ったけど、終始和やかな顔で映画館を後にされました。

インタビューも素直な言葉という印象。
今までとはちょいと違う感じでしたね。
言葉は選んでいるけど、少し浮かれた仕草、口調もあったかな?
それだけ、リラックスした感じでした。

多分CUTでの授賞式はこれが最後でしょうか。

ナデリ監督との次の作品は「山」だそうですよ。
平安時代の「山」…さて、どんなことになるのでしょうか??



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
映画祭 ブログトップ


中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。