So-net無料ブログ作成
検索選択






1993ドラマ ブログトップ

あすなろ白書 [1993ドラマ]


あすなろ白書 DVD-BOX

あすなろ白書 DVD-BOX




今更、何故?と思う方も多いかもしれませんが、今更見ると西島ファンには面白いかもしれません。
1993年ということですから、ひょっとしたら、まだ産まれていない方もいるのかも??

私は、悲しくもリアルタイムで見てたじゃないのよ〜!!!
20年前の、月9ですね。
もう、バリバリのバブル時代。
ジュリアナ東京とかがあったころですね。

ドラマの俳優さん達も肩パットが入っていたり、冬の衣装ですがタートルネック
猫も杓子もみんな同じ服着て、妙にクリスマスにこだわった時代ですよ。
あーー笑える程懐かしいシチュエーションの中にきちんといるのは西島さん演じる松岡。
しかも、ホモ…

あらすじは単純に言えば青春ドラマです(単純すぎてわらえる)
生徒諸君みたいに、グループの中で恋愛がぐるぐるまわるお話なので、正直、「お前ら…兄弟ですね」
という品のないお言葉まで出てしまう作品ででございます。

が、何しろアイドル俳優時代でしたので、まあ、甘い言葉を次々と…
西島さんの声で萌えたい人は必見です。
ここまで言う彼はもういないだろう(40過ぎたしな)
お顔も、若いよ〜はだがつやつや。しかもニキビあり。若いよ。西島さん!!
はっきり言いまして、主演が誰だとか、キムタクがいたとかはどうでも良い話でして…一番のポイントは
西島さん演じる松岡がですね。松岡がホモだったということだけですよ。
はい。しかも交通事故で死んじゃって、子供まで星香に作っておいたというすげー奴です。
(しかも、もちろん彼はそんな事を知らないでお星様になるというお気楽さ)
と、いうのも、原作が柴門ふみさんなので、まあよくわからん世界なんですけどね。私には。
この男女間の微妙な駆け引きがわからない。
ので…私は一緒に見ていた人と喧嘩を下という経歴があります。


はい、もう西島ポイント。
なにせ、20年前なので若いです。
しかし、今の西島さんが「自分は俳優なので、その人を演じきる」という最近の雑誌の取材に違う事無く
松岡という難しい人物を演じています。
今は「同性愛」もそれほど珍しい事でもありませんが、当時は異質なものでありましたし、それをナチュラルに見せきった西島さんは20年前から変わりませんね。テレビでもドラマでも全力投球だと改めて思わせてくれる作品でした。単なるトレンディードラマということではなく、俳優「西島秀俊」を見て下さい。
海外の監督と組んでも、どんなに凄い作品に出ようとも、西島さんの心根は最初からブレの無い所がある。
そして、初心を忘れない。
礼儀正しい所。
そういった、西島さんのポイントを再確認させてもらえる作品でした。

ただ、もう、西島さんに「萌えたい!!」というのであれば


『星香(鈴木杏樹ちゃん)じゃない女じゃない、俺はお前に、俺ずっと掛居の事が…俺だったらお前を苦しめない束縛しない、お前の為なら何だって出来る。好きなんだ。ずっと苦しかった。好きなんだ。』


という、台詞を繰り返して聞くという手があります。
これまで、純粋に繰り返すのはなかなか珍しいことなので。

この時点で、西島さんがどの程度、映画にのめり込んでいたとか、愛について考えていたかは知る由もありません。
しかし、20年経過し、彼の作品を見ていると、西島さんの心の変化も感じられるような気がします。
あすなろという木は、あしたひのきになろうという木なんです。
似てるけど、違う木に明日なろうとする木。すごいですよね。
きっと、西島さんも「明日は似てるけど違う木」になろうと思っていたのかもしれないですね。

だって、20年前の西島さんも今の西島さんも西島さんなんです。
でも、違う西島さん。
似てるけど違う西島さん。

彼は、あすなろの木の夢をかなえている人物なのかもしれません。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:映画
1993ドラマ ブログトップ


中立的正確な作品内容詳細はアマゾンなどでご覧下さい。あくまで、西島秀俊さんファン『うた』の偏向たっぷり、超個人的な感想、雑記、覚え書きです。もちろん、
ご本人、所属事務所等とは一切関係ありません。
ちなみに、巷ではロスジェネ世代と呼ばれている世代に属します。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。